ニュース&トピックス

ライフデザイン通信

「大阪府地域医療構想」を考える

 平成26年医療法が改正され、患者の状態に応じた医療機能の分化・連携や在宅医療の充実等を推進し、高度急性期から在宅医療まで切れ目なく、医療体制を構築するために、都道府県に現行の保健医療計画の一部として地域医療構想の策定が義務付けられました。大阪府の地域医療構想の現況を調べて見ました。

詳しくは、

2019年4月ライフデザイン通信Vol.136巻頭及び良書.pdf をご覧ください。