ニュース&トピックス

ライフデザイン通信

「大阪府高齢者単独世帯 増加の影響」を考える

 大都市での高齢者単独世帯は2015年には世帯全体の1割を超えている。大阪市では2010年に11.3%、2015年は13.3%と全国と比較して著しく高い。高齢者単独世帯数はどう変化していくのか?私達の未来社会に大きな影響があります。大阪府において、これからの10年 高齢者世帯数を調べて見ました。

詳しくは、

2019年1月ライフデザイン通信Vol.133巻頭及び良書.pdf をご覧ください。