ニュース&トピックス

ライフデザイン通信

「デジタル用語の意味」を考える

 高齢社会となりカタカタは苦手とする人が増えている一方で、IT社会によるデジタル用語(カタカナ)が年々増えています。日経新聞2018年4/14付け、『なんでもランキング』記載の記事、デジタル用語について男女1000人に調査、「説明できる」と答えた人が少ない順にワードと意味20項目をご紹介します。

詳しくは、

2018年6月ライフデザイン通信Vol.126巻頭及び良書.pdf をご覧ください。