ニュース&トピックス

ライフデザイン通信

「高齢者の就業」を考える

 超高齢社会となり、高齢者の単独世帯、夫婦のみ世帯が増え、長寿社会にも様々な変化が出ています。今月は高齢者の就業状況と労働への意識を調べて見ました。

詳しくは、

2020年4月ライフデザイン通信Vol.148巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「高齢者の集い・通いの場」を考える

 高齢者が生き生きと過ごすことのできるように、ふれあい・いきいきサロンは平成6年全国社会福祉協議会によって提唱されました。高齢者の集い・通う場所が全国的に取り組まれています。東京都大田区の高齢者ふれあい・いきいきサロンをホームページから覗いて見ました。

詳しくは、

2020年2月ライフデザイン通信Vol.146巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「我が国の医療提供体制」を考える

 日本は、他の先進国と比較して、人口当たりの病床数が非常に多い。都道府県別の人口1人当たりの病床数、1人当たりの医療費について調べてみました。

詳しくは、

2020年1月ライフデザイン通信Vol.145巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「2015年〜2045年の大阪市の区部人口変動」を考える

 大阪市の2015年人口は269.1万人、30年後の2045年には241.1万人、28万人の減少が予測される。その中で24区の2015年から2045年の30年間の人口変動を調べて見ました。

詳しくは、

2019年12月ライフデザイン通信Vol.144巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「2045年30年後、政令指定都市の人口減少」を考える

 今回は2015年〜2045年の30年間で、政令指定都市の人口減少はどのくらい進むのか?『著者 河合雅司氏の「未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きろこと」を参考に、20の政令指定都市2015年〜2045年の人口動向を調べて見ました。

詳しくは、

2019年11月ライフデザイン通信Vol.143巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「関東圏・関西圏の人口動向」を考える

 ライフ通信9月号の巻頭は「2045年 都道府県別の人口減少」を取り上げましたが、今回は関東圏と私達の住む関西圏の人口動向について調べて見ました。

詳しくは、

2019年10月ライフデザイン通信Vol.142巻頭及び良書.pdf ご覧ください。

「2045年、都道府県別の人口減少」を考える

 2015年〜2045年の30年間で日本の人口減少はどのくらい進むのか?『著書 河合雅司の「未来の地図帳 人口減少日本で各地で起きること」』を参考に、2015年を100として、都道府県別に調べて見ました。

詳しくは、

2019年9月ライフデザイン通信Vol.141巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「2040年に向けた医療福祉分野の就業者数」を考える

 厚労省保険局が発表(令和元年6月12日)した、《「2040年を展望した社会保障・働き方改革本部のとりまとめ」について》より、医療福祉分野の需要面から推計した就業者数の推移と現役世代の人口の急減という新たな局面に対した政策課題をご紹介します。

詳しくは

2019年8月ライフデザイン通信Vol.140巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「日本の高齢世帯」を考える

 国立社会保障・人口問題研究所は4月19日、2015年の国勢調査を基に、2015年〜40年の25年間について「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」を発表しました。ライフ通信では高齢世帯に絞り、「全世帯に占める高齢世帯の割合」「高齢世帯に占める一人暮らしの割合」について調べて見ました。

詳しくは、

2019年7月ライフデザイン通信Vol.139巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「災害の歴史(台風・風水害)」を考える

 日本は台風の通り道でもあり、毎年台風が発生し各地で大きな被害を受けています。過去にも台風や大雨により風水害に見舞われた歴史があります。過去の災害について学び、防災意識を高め、防災への心がけをしっかりとる行動が大切です。少し遡って日本の「台風・風水害」を調べて見ました。

詳しくは、

2019年6月ライフデザイン通信Vol.138巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「兵庫県地域医療構想」を考える

 ライフ通信4月号「大阪府地域医療構想」に引続き、5月号では「兵庫県地域医療構想」を取り上げてみました。兵庫県では①医療機能分化・連携、②在宅医療の充実、それを支える③医療従事者の確保を進め、「地域完結型」の構築を目的として、地域医療が策定されました。必要病床数について調べてみました。

詳しくは、

2019年5月ライフデザイン通信Vol.137巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「大阪府地域医療構想」を考える

 平成26年医療法が改正され、患者の状態に応じた医療機能の分化・連携や在宅医療の充実等を推進し、高度急性期から在宅医療まで切れ目なく、医療体制を構築するために、都道府県に現行の保健医療計画の一部として地域医療構想の策定が義務付けられました。大阪府の地域医療構想の現況を調べて見ました。

詳しくは、

2019年4月ライフデザイン通信Vol.136巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「迫る多死社会」を考える

 高齢社会の次に訪れると想定される多死社会、2017年(平成29年)死亡者は134万人、これは人口の約1%、2040年には死亡者推計167万人、団塊の世代が90代となります。死亡者人口、出生人口の年次推移推計及び都道府県別の死亡率の現状を調べてみました。

詳しくは、

2019年3月ライフデザイン通信Vol.135巻頭及び良書.pdfをご覧ください。

「住宅空き家数の現況」を考える

 総務省統計局の公表データーによると、平成25年10月1日現在の総住宅数は6.063万戸、総世帯数は5,245万世帯、平成20年と比べると、5年間で総住宅数は5.3%、総世帯数は5.0%それぞれ増えている、一方では空き家住宅も増え、空き家問題となっている。住宅の空き家の現況を調べて見ました。

詳しくは、

2019年2月ライフデザイン通信Vol.134巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「大阪府高齢者単独世帯 増加の影響」を考える

 大都市での高齢者単独世帯は2015年には世帯全体の1割を超えている。大阪市では2010年に11.3%、2015年は13.3%と全国と比較して著しく高い。高齢者単独世帯数はどう変化していくのか?私達の未来社会に大きな影響があります。大阪府において、これからの10年 高齢者世帯数を調べて見ました。

詳しくは、

2019年1月ライフデザイン通信Vol.133巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「平成の主な災害」を考える

 昭和時代に観測することのなかった「震度7」、平成の30年間に6つの大地震で体験しました。私達は災害から学び、防災への危機管理を国や自治体、個人が高めていくことが急がれます。平成の主な災害を挙げてみました。

詳しくは、

2018年11月ライフデザイン通信Vol.131巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「平成経済史」を考える

 平成がスタートして30年が経ち、日本は「平成経済の30年間の停滞」からどの様に立ち直って行くべきなのか、次世代への教訓と課題を大いなる反省を込めて平成経済を振り返り、考えてみませんか?30年間の平成経済年表をご紹介します。

詳しくは、

2018年10月ライフデザイン通信Vol.130巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「平均余命・平均寿命」を考える

 人生100年時代が到来すると言われています。これまでの人生モデルは成り立たなくなります。厚労省による平成29年簡易生命表の概要が公表されました。主な年齢の平均余命、平均寿命の年次推移、世界の平均寿命について調べて見ました。

詳しくは、

218年9月ライフデザイン通信Vol.129巻頭及び良書.pdfをご覧ください。

「食料品アクセス困難人口」を考える

 近年、飲食料品店の減少、大型商業施設立地の郊外化等に伴い、過疎地域のみならず都市部においても、高齢者を中心に食料品の購入に不便や苦労を感じる消費者が増えている。農林水産政策研究所は、表題の問題に対処するため、推計結果を取りまとめました。その一部をご紹介します。

詳しくは、

2018年8月ライフデザイン通信Vol.128巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「売上高が伸びている企業」を考える

 日経新聞2017/12/19付け記載された記事、『日本経済のけん引役と期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に売上高成長率の5年間平均をランキング』から、その上位20社、独自技術や事業モデルをご紹介します。

詳しくは、

2018年7月ライフデザイン通信Vol.127巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「デジタル用語の意味」を考える

 高齢社会となりカタカタは苦手とする人が増えている一方で、IT社会によるデジタル用語(カタカナ)が年々増えています。日経新聞2018年4/14付け、『なんでもランキング』記載の記事、デジタル用語について男女1000人に調査、「説明できる」と答えた人が少ない順にワードと意味20項目をご紹介します。

詳しくは、

2018年6月ライフデザイン通信Vol.126巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「日本が傾いた21世紀の出来事」を考える

 21世紀を生きる私たち、国家間の紛争、想像を越える大災害等が多く報じられました。国内では年金や国の借金、将来への国民の不安は増すばかりです。過去20年間の国内政治の流れを「注目する出来事」「政権内閣」「国の債務」から考えてみました。

詳しくは、

2018年5月ライフデザイン通信Vol.125巻頭及び良書.pdfをご覧ください。

「ヘルスケア分野におけるICT活用」を考える

 インターネットやスマートホンの日常への浸透によって、ICTは我々の生活の一部になっている。ヘルスケア分野(健康・医療・介護)のICTを活用した高齢者見守りサービス、介護施設におけるICT導入のニーズ調査、動向を調べて見ました。

詳しくは、

2018年4月ライフデザイン通信Vol.124巻頭及び良書.pdfをご覧ください。

「フィンテック 社会を一変」を考える

 日経新聞2018/1/9記載されたニッポンの革新力、「フィンテック 社会を一変」をご紹介します。近年フィンテックという言葉が登場する機会が増えた。概ね「ICTを駆使した革新的、破壊的な金融商品・サービスの潮流」の意。金融サービスの2018年〜2030年の約10年間で想像を越えて社会を一変する姿です。

詳しくは

2018年3月ライフデザイン通信Vol.123巻頭及び良書.pdfをご覧ください。

「不治の病 克服の日」を考える

 日経新聞2017/12/4に記載されたニッポンの革新力「 不治の病克服の日」をご紹介します。ここには人工知能(AI)や仮想実現(VR)の急速な発展と相まって、医療は2020年〜2030年の10年間で想像を越えて進歩する姿です。

詳しくは、

2018年2月ライフデザイン通信Vol.122巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「人口減少日本でこれから起きること」を考える

これからの日本、人口減少と高齢者の増加 どう対応していけばよいのでしょうか?

著書 河合雅司氏の「未来の年表」100年間の内、前半15年間の予測、目次とタイトルをピックアップしてご紹介します。

詳しくは、

2018年1月ライフデザイン通信Vol.121巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「高齢者に多い病気27項目」を考える 20〜27

 ライフ通信では9月から4ヶ月間で「高齢者に多い病気27項目」についてご紹介してきました。今月は最終の20〜27項目、「高齢者のうつ」「関節筋症」「関節リウマチ」「骨粗しょう症」「腰部脊柱管狭窄症」「腎不全」「疥癬」「末期がんの疼痛コントロール」を取り上げます。

詳しくは、

2017年12月ライフデザイン通信Vol.120巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「高齢者に多い病気27項目」を考える 15〜19

 今回は「脂質異常症」「慢性硬膜下血腫」「パーキンソン病」「筋委縮性側索硬化症(AALS)」「認知症」を取り上げます。

詳しくは

2017年11月ライフデザイン通信Vol.119巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「高齢者に多い病気27項目」を考える 8〜14

 今回は「結核」「胃・十二指腸潰瘍」「胆石症・胆嚢炎」「肝炎・肝硬変」「糖尿病」「痛風」「高血管障害」の7項目を取り上げます。

詳しくは、

2017年10月ライフデザイン通信Vol.118巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「高齢者に多い病気 27項目」を考える 1~7

 社会の高齢化は医療のあり方も変化を見せています。入院患者の半数以上は高齢者が占め、治癒しにくいのが高齢者医療の特徴せす。ライフ通信では9月から高齢者によくみられる疾患27種類を順次ご紹介していきます。

詳しくは、

2017年9月ライフデザイン通信Vol.117巻頭及び良書.pdfをご覧ください。

「高齢者世帯の推移」を考える

 日本の30年間の高齢者世帯推移と世帯構造を考えてみました。

詳しくは、

2017年8月ライフデザイン通信Vol.116巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「日本の人口構造と将来推計」を考える

詳しくは、

2017年7月ライフデザイン通信Vol.115巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「在宅サービスに取組む やさしい手」を取材しました

 在宅サービスをドミナントに展開している株式会社やさしい手、明石市にある「ザービス付き高齢者向け住宅 やさしえ西明石」と「デイサービスゆめふる西明石 併設 看護小規模多機能型 かえりえ西明石」の2ヵ所を取材させて頂きました。

詳しくは、

2017年6月ライフデザイン通信Vol.114巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「神戸市の(看護)小規模多機能の普及状況」を考える

詳しくは、

2017年5月ライフデザイン通信Vol.113巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「大阪市の(看護)小規模多機能の普及状況」を考える

 国が期待する地域包括ケアの要は(看護)小規模多機能と定期巡回随時対応型看護介護です。(看護)小規模多機能の大阪市での普及状況を調べて見ました。

詳しくは、

2017年4月ライフデザイン通信Vol.112巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「東京都 高齢者大規模ホーム」を考える

 東京都の大規模有料老人ホーム 定員200人以上の施設をピックアップして、居室面積、利用料、入居者平均年齢等を調べて見ました。

詳しくは、

2017年3月ライフデザイン通信Vol.111巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「高齢者 大規模ホーム」を考える

広島県、兵庫県の人気大規模有料老人ホームの共通点を探ってみました。

詳しくは、

2017年2月ライフデザイン通信Vol.110巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「近畿の人口 増加する市 減少する市」を考える

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2015年国勢調査が発表され、人口は2010年国勢調査から94万人減少しました。

今回のテーマは「近畿の人口  増加する市  減少する市」を考える

詳しくは、2017年1月ライフデザイン通信Vol.109巻頭及び良書.pdf

をご覧ください。

「2035年 高槻市・茨木市・摂津市 高齢者施設の必要整備量」を考える

「2035年 神戸市 高齢者施設の必要整備量」を考える

 今月は2035年 20年後の神戸市高齢者施設必要整備量を、現在の整備率14.0%を維持するとして予測してみました。

詳しくは、2016年11月ライフデザイン通信Vol.107 巻頭及び良書.pdf 

をご覧ください。

「2035年 大阪市 高齢者施設の必要整備量」を考える

「気になる新聞記事」を考える

 日本は少子高齢化社会に突入し、世界の主要国では1番高齢化率が進んでいるのが現状です。今回は日本の今、日経新聞記事5月から7月の地域社会の現状と取組みをピックアップしてご紹介します。

詳しくは、2016年9月ライフデザイン通信Vol.105 巻頭及び良書.pdf

をご覧ください。

「高齢者の悩み事」を考える

「待機児童」を考える

「老後親子破産」を考える

「平均寿命と健康寿命」を考える

「東京圏 高齢化危機の実態」を考える

「公的年金制度の現状」を考える

詳しくは、

2016年3月ライフデザイン通信Vol.99 巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「良書のご案内」:下流老人

 本書は衝撃的な内容である。安倍総理は1億総活躍社会を目指しているが、著者は1億総崩壊の時代を懸念している。著者の言う「下流老人」は『生活保護基準相当額で暮らす高齢者及びその恐れのある高齢者』と定義している。

詳しくは、

2016年2月ライフデザインVol.98.良書のご案内.pdfをご覧ください。

「生活保護の現状」を考える

「雇用形態の現状」を考える

詳しくは、

2016年1月ライフデザイン通信Vol.97 巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「医療制度の歴史」を考える

「療養型病院における医療体制」を考える

「高齢化による住宅価格への影響」を考える

「2025年 医療と介護の姿」を考える

「直近の動向」を考える

「ソーシャルメディア」を考える

「豊中市の医療資源」を考える

詳しくは、

2015年6月ライフデザイン通信Vol.90 巻頭及び良書.pdf 

をご覧ください。

「大阪府の高齢者人口と施設整備率」を考える

「第6期の大阪府高齢者施設整備計画」を考える

 

詳しくは、

2015年4月ライフデザイン通信Vol.88 巻頭及び良書.pdf をご覧ください。

「第6期の兵庫県高齢者施設整備計画」を考える

良書のご案内:「ではまた明日」

西田英史 『ではまた明日』 草思社文庫

18歳の少年が残した日記266日分を抜粋したものです。

彼が綴る言葉やお母様の短歌が幾つも幾つも頭を過ります。

魂に衝撃です。ありがとう。感謝です。

是非ご家族の皆様で読んで頂きたい1冊です。

詳しくは、2015年2月ライフデザイン通信Vol.86 良書のご案内.pdf をご覧ください。

良書のご案内:「二十四の瞳」

壷井 栄 『二十四の瞳』 (新潮社)

著者紹介:1899年(明治32年)香川県小豆郡坂手村で生まれる。小説家詩人、夫は詩人の壷井繁治。

小学生の時に読んだ本書が私の座右の書になっています。本との出会いは、まさに出合いの時期が最も重要で、高校、大学生の生意気で理屈っぽい年頃では、本書を受け付けなかったと思います。

小学生時代の感動、興奮は一生ものとして残ります。今回半世紀ぶりに読み直し、子供時代のあの感動の泉源を探ってみました。

詳しくはこちら、2015年1月ライフデザイン通信Vol.85 良書のご案内.pdf をご覧ください。

「日本経済の論点」を考える

 

詳しくは、2015年1月ライフデザイン通信Vol.85.pdf をご覧ください。

ライフデザイン通信Vol.84 「2040年の地価」を考える

 

詳しくは、2014. 12月ライフデザイン通信Vol.84.pdf をご覧ください。

ライフデザイン通信Vol.83 「保育所の現状」を考える

ライフデザイン通信Vol.82 大都市「東京」を考える

ライフデザイン通信Vol.81「看取り」を考える

ライフデザイン通信Vol.80「地域包括病棟」を考える

ライフデザイン通信Vol.79「リハビリテーション」を考える

ライフデザイン通信Vol.78「在宅医療」を考える

ライフデザイン通信Vol.77「2014年度診療報酬改定」を考える

ライフデザイン通信Vol.76「脳の老化」を考える

ライフデザイン通信Vol.75「老化」を考える(1)

ライフデザイン通信Vol.74「希望」を考える

ライフデザイン通信Vol.73「日本再興戦略」を考える

ライフデザイン通信Vol.72「公的年金の基礎」の基礎(2)

ライフデザイン通信Vol.71「公的年金の基礎」の基礎(1)

ライフデザイン通信Vol.70「社会保障制度改革国民会議報告書」を考える(2)

ライフデザイン通信Vol.69「社会保障制度改革国民会議報告書」を考える(1)

ライフデザイン通信Vol.68「ロコモ」を考える

ライフデザイン通信Vol.67「認知症」を考える(2)

ライフデザイン通信Vol.66「認知症」を考える

ライフデザイン通信Vol.65「日本の世帯」を考える

ライフデザイン通信Vol.64「患者調査」を考える(2)

ライフデザイン通信Vol.63「患者調査」を考える

ライフデザイン通信Vol.62「高齢者のうつ病を考える」

ライフデザイン通信Vol.61 「2013年度 社会保障改革の論点」

ライフデザイン通信Vol.60「訪問介護事業を考える」

ライフデザイン通信Vol.59「大阪府の高齢者住宅の新規開設状況」を分析する

ライフデザイン通信Vol.58「高齢者・複合施設」を考える

ライフデザイン通信Vol.57 「介護予防を考える」

ライフデザイン通信Vol.56 「在宅医療を考える」(2)

ライフデザイン通信Vol.55 「在宅医療を考える」(1)

ライフデザイン通信Vol.54 「介護予防を考える」

ライフデザイン通信 Vol.53 「連携を考える」

ライフデザイン通信 Vol.52 「高齢者住宅を取り巻く現状」を考える

ライフデザイン通信 No.51「ショートステイを考える」

(保存版)「大阪府下の介護保険施設事業者公募情報」

ライフデザイン通信 No.50 「これからの10年...医療ニーズ(=国民医療費)は増加する」

(取材)訪問看護・デイサービス・居宅併設事業所とグループホーム「アミコ愛・あい・事業所&アミライフ住ノ江」様

ライフデザイン通信 No.49 「大阪府の有料老人ホームの新規開設状況を分析する」

(取材)スタッフの教育・研修体制を取材「ファインフォレスト」様

ライフデザイン通信 No.48 「サービス付き高齢者向け住宅」を考える」(2011年4月に続き第2回目)

(取材)住宅型有料老人ホーム「ベストライフ大阪あびこ」様

ライフデザイン通信 No.47 「精神科病院を考える」

(取材)介護事業の総合サービスを提供「ハートケアグループ」様

ライフデザイン通信 No.46 「医療連携を考える」・・・連携なくして医療なしの時代が来た!

(取材)医療と介護のトータルサポート「医療法人社団真希会」様

ライフデザイン通信 No.45 「社会福祉法人の経営課題」を考える(2)

(取材)住宅型有料老人ホーム「ルーブル中崎」様

ライフデザイン通信 No.44 「社会福祉法人の経営課題」を考える(1)

(取材)介護付有料老人ホーム「たのしい家大正泉尾」様

ライフデザイン通信 No.43 「税・社会保障改革原案」を考える

(取材)医療法人隆星会「介護老人保健施設オアシス」様

ライフデザイン通信 No.42 「大阪維新の会」を考える

(取材)障害者支援施設「社会福祉法人恵生会  四季の森」様

ライフデザイン通信 No.41 「東日本大震災と社会保障」を考える

(取材) スタッフ研修を取材「チャーム・ケア・コーポレーション」様

ライフデザイン通信 No.40 「サービス付き高齢者向け住宅」を考える 

(取材)介護老人保健施設と介護付有料老人ホームの大規模複合施設『東雄苑寺田町・国見館寺田町』様

ライフデザイン通信 No.39 「地域包括ケアを考える」

(取材)小規模多機能型居宅介護を核としたエイジングリゾート複合施設『海甍(わだいらか)』様

ライフデザイン通信 No.38 「不動産市況を考える」

(取材)グループホームと小規模多機能型居宅介護の複合施設『くつろぎの家エルフ・みと』様

ライフデザイン通信 No.37 「将来の介護職員の不足を考える」

(取材)介護付有料老人ホーム『パーマリィ・イン新神戸』様

ライフデザイン通信 No.36 「大阪府において、誰が、何処で、どれ位の価格帯で有料老人ホームを開設しているのか?」

(取材)介護付有料老人ホーム『フォレスト垂水』様